Biography
略歴

三宅 之功
Shiko Miyake


自分の存在を含め、我々をとりまく物の存在は不確かなものである。目の前の実態は時間的にある一点を見ているにすぎず、確固たる存在を証明することは難しい。多角的な表現から「存在」をテーマとし、自己と他者、自然と人間、物質と空間の関係性について考えることが多い。近年は植物や、自ずと変化する有機的な素材を生かした表現で都市空間に新たな提言ができないか模索している。 

経歴


■1976年

大阪府堺市生まれ    

■1999年
第6回 KAJIMA彫刻コンクール 模型入選 (東京都)

■2000年

2000京展 京展賞 受賞(京都府)

京都造形芸術大学 大学院 修士課程修了

■2002年

第7回 KAJIMA彫刻コンクール 模型入選(東京都)

■2003年

ギャラリープチフォルム 個展(大阪府)

■2013年

第25回 UBEビエンナーレ 下関市立美術館賞受賞(山口県)

■2014年

新居浜駅前 人の広場モニュメント 最終選考

■2015年

第26回 UBEビエンナーレ優秀模型作品展(山口県)

■2017年

第15回 KAJIMA彫刻コンクール 模型入選(東京都)

■2019年

第28回 UBEビエンナーレ大賞 宇部市賞受賞(山口県)
 
兵庫県三田市在住

作品設置


■1998年

ニッタ 大阪本社ビル(大阪府)

ロデール・ニッタ三重工場(三重県)

■1999年

宇治市植物公園(京都府)

■2004年

パイロシステム本社ビル(大阪府)

■2007年

洲本市民広場モニュメント(兵庫県)

■2016年

兵庫県立有馬高等学校設置(兵庫県

■2019年

ときわミュージアム 緑と花と彫刻の博物館(山口県